どうしたものかね
相手を殺すか、自ら命を絶つか。いや、相手の人生を破壊して自分も消えるのが一番良いかも
しれない。 と、出てくるのはいつもこの選択肢。
でも本当は生きていたい。わずかな希望を探して足掻き続けたいというほんの僅かな別の選択肢。
そのわずかな選択肢を選んでもらうにはどうしたら良いのだろう。
本人にしてみれば答えはもう決まっているのかもしれない。

生きる唯一の希望を失いかけている悲劇のヒロインに手を差し伸べる事は難しい。
生きているという事自体が辛いのに
「生きていればいつかはきっと」という言葉は、相手にとってどれだけ酷だろうか。
生かし続けている人間がその言葉を相手に言うのは、どれだけ罪な事だろうか。
何も出来ないのに「生きていて欲しい」と伝えるのは、どれだけ無責任で卑怯な事だろうか。
わずかな選択肢を選んでもらう力が自分にはあるのだろうか。
結局自分は、遠くから見守る事しか出来ないのだろうか。

でも自分を救えるのは、良い意味でも悪い意味でも、やっぱり自分で。
他人がどう横槍を入れようが、本人がその横槍をどう受け止めようと、
最終的に考えて行動を起こすのはやっぱり自分。
彷徨っている暗闇の中で、例え灯りとなっても道を選ぶのはその人次第。

今回は果たして、うちが踊らされてるだけなのかな。
と、よく分からない事をダラダラ考えていたらこんな時間になってる罠。鬱ルンです('A`)
[PR]
by yukimomiji | 2006-08-05 02:32 | 雑記
<< [落書き] アイス ROとFE >>